街コンの出会い体験談!攻略のコツと注意点は?

街コンの出会い体験談!攻略のコツと注意点は?

2015年現在、街コンは衰退しオワコンとも言われています。しかし、都内では毎日のようにどこかで開催されていますし、地方都市でも週1~月1回程度は開催されているようですので、出会いの場としてはまだまだ活用できると思います。

今回は血液型トークの注意点と、女性にさりげなく血液型を聞く方法について解説していこうと思います。

スポンサーリンク

街コンが衰退してしまったと言われる原因

街コンが衰退してしまった原因は、ブームになり過ぎてしまったことです。なぜなら、ブーム序盤は希望者が多くて参加できないという事もありましたが、徐々に街コンの数が多くなり、参加者不足になる街コンが増えてしまったからです。

参加者の満足度も低くなり、それが口コミとして広がったことから新規の参加者もリピーターも減っていきました。このように供給が需要を上回ったことで、街コンは『負のスパイラル』に陥ってしまい衰退していったのです。

しかし、中にはまだ一定の人気を誇る街コンもあるようですので、そのような街コンであれば参加するメリットはあるでしょう。

街コンに参加する際の注意点

街コンに参加するのであれば、1人では参加せずに経験者と一緒に参加することをオススメします。一部の街コンでは、すでにリピーターばかりの参加となっているようなので、そんな中で1人というのはあなたが苦しくなってしまいます。また、1人で参加OKの街コンでも女性1人で参加していることは稀ですし、2人の女性相手にあなた1人で声をかけるのも厳しいと思います。

どうしても街コンに慣れた友達がおらず、一緒に行く友達も初めてという場合は、とりあえずその場の空気感に慣れる事を目的として参加してみてください。そして次回もまたその友達と一緒に行く、もしくは初心者の友達を誘ってみる、このような感じで街コンの経験値を積んでいきましょう。

スポンサーリンク

街コン攻略のコツ

僕の街コン参加体験談

僕も数回街コンに参加したことがありますが、前の彼女は街コンで出会いました。その元カノと出会ったのは2回目に参加した街コンで、初めて参加した街コンでは何人かの女性と連絡先を交換しても、次に繋げることができませんでした。

そして、2回目の街コンでも何人かと連絡先を交換したものの、初回と同様に「次に繋げられないんじゃないか」と考えながら駅へ向かっていました。しかし、その時たまたま彼女を見つけたので「ども、お疲れ様」と声をかけたのです。

ちなみに彼女とは街コン中に連絡先を交換済みだったので、声をかけることができましたが、向こうも帰るだけだったようなので、そのまま飲みに行くことができました。つまり僕も彼女も友達と一緒だったので、2対2の飲み会に繋げたということですね。

そして、その後は割愛しますが、結果付き合うことができたというのが僕の街コン体験談です。

僕が体験して学んだこと

この時はたまたまそのまま飲みに行くことができて、結果オーライでしたが、声をかけずに後で連絡をしていたら、飲みに行く事さえ難しかったと思います。つまり、連絡先を交換する時は、その後すぐに一緒に飲みに行くこと(2次会)や、最低でも何か約束をした上で交換するべきなんですよね。

「今度連絡します」や「今度飲みに行きましょう」では足りません。「この後一緒に飲み直しませんか」と予定を抑えたり、具体的に場所や日時を決めて約束をするのが、次に繋げるポイントになります。

なので、街コンに参加した時には「連絡先交換+約束」をセットで狙っていくのがコツですよ。

まとめ

街コンは衰退したと言われていますが、中にはまだ出会いの場として活用できるところもあります。参加する時は一人では参加せずに、なるべく慣れている友達と一緒に参加し、具体的な約束をして連絡先を交換することがコツです。単に女性と知り合うだけや連絡先を交換するだけが目的であれば、次に繋げることは難しいので、ぜひその場で次に繋げるための会話を狙ってみましょう。

ちなみに女性と連絡先を交換する方法はこちらの記事で解説していますので、合わせて参考にしてみてくださいね。
⇒ 連絡先交換のコツはこの2つ!紙に書いて渡すのがNGな理由とは?

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ