女性に嫌われるメールやラインの内容!送ってはいけない6パターン

女性に嫌われるメールやラインの内容!送ってはいけない6パターン

メールやラインは、恋愛でも上手く活用できれば便利ですが、実際は失敗も多いですよね?僕も何度も失敗してしまい、音信不通になった女性がたくさんいます(笑)

今回は、女性に嫌われるメールやラインについて解説していこうと思います。

スポンサーリンク

女性に嫌われるメールやラインの内容 6パターン

挨拶メール

好きな女性には毎日でも何か送りたくなってしまいますので「おはよう」や「おやすみ」などの挨拶メールをしたくもなりますよね?もちろん挨拶は対人関係の基本なので、メールでも時間帯に合わせた挨拶が必要です。

ただし、それは要件があった場合のみです。彼氏でもない男性に挨拶だけのメールを貰っても、女性は嬉しいどころか面倒に思ってしまうだけなので、単なる挨拶メールは送らないようにしましょう。

今日の出来事などの日記調のメール

今日の出来事などの日記調のメールも挨拶メールと一緒です。貰った相手にしてみれば「だから何?」という感じで、リアクションに困ってしまうので辞めましょう。

面白画像

巷に溢れている恋愛マニュアルの中には、「面白画像や写メで相手の気を惹きましょう」的なやり方を教えているものもありますが、これも挨拶メールや日記メールと同じで、相手は「だから何?」と思ってしまいます。

このような面白画像や写メがあまり無かった時代であれば、それなりに女性の興味を持たせることもできたかもしれませんが、今はネットでいくらでも拾えますので珍しくもありません。基本的に女性とのメールやラインでは面白画像は必要ないと思っておきましょう。

スポンサーリンク

疑問形

女性とのメールのやり取りを続けるために疑問形で返すというのも、女性を口説くテクニックとして昔は言われていたことがありました。しかし、直接の会話であれば別ですが、女性を口説くには無理にメールを続ける必要はありません。

そもそもメールだけで仲良くなったり口説くこと自体が難しいので、気になっている女性がいれば、メールのやり取りを続けることよりも、「どうやってデートに繋げるか?」を考えてみてくださいね。

自慢・愚痴・下ネタ

自慢・愚痴・下ネタは、普通の会話でも女性には嫌がられる内容です。会話なら表情や話し方を変えるだけで冗談っぽく伝えることもできますし、万が一相手のテンションが下がっても挽回のチャンスはあります。

しかし、メールやラインでは感情が伝わりづらいですし、相手に無視されてしまえば一発で終了です。自慢・愚痴・下ネタも含めて、直接言葉で伝えても喜ばれない内容はメールでも送らないようにしましょう。

メールで好意を伝える・告白する

メールでの告白は相手に冷静に考える時間を与えてしまうので、失敗する可能性が高まります。もし女性に告白をするのであれば、流れを作って直接言ってください。

これは男らしいとかそんな話ではなく、単にそうしたほうが上手くいきやすいからです。女性に告白したいのであれば、わざわざ失敗しやすいほうを選ばないでくださいね。

最後に

女性に嫌われるメールやラインは、この6つのパターンです。

  • 挨拶メール
  • 今日の出来事などの日記調のメール
  • 面白画像
  • 疑問形で続ける
  • 自慢・愚痴・下ネタ
  • メールで好意を伝える・告白する

ちなみにこれらのメールは、あなたも好きではない女性から送られてきたら困るはずなので、何か女性にメールを送る時には相手の立場になって考えてみてください。

また、もし連絡先を知っているだけの女性と仲良くなりたいのであれば、まずは直接会うことが必要ですので、こちらも参考にしてみてくださいね。
⇒ メールだけで女性を誘う方法!仲良くなくても大丈夫?

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ