チャラ男になるには?チャラ男がモテる6つの理由!

僕たち男性にとってチャラ男は正直ちょっとウザいですよね(^^;)しかし、チャラ男はモテますので、彼女を作りたいなら学べるところも多いはずです。

今回はチャラ男がモテる理由と、チャラ男になる方法について解説したいと思います。

チャラ男がモテる6つの理由

女性と仲良くなりやすい

チャラ男はガンガン出会いの場に足を運んで女性に話しかけてアプローチしています。中にはチャラ男が苦手で嫌いという女性も多いですが、出会って話している女性が多いので、仲良くなれる女性の数も多いのです。

『数打ちゃ当たる』的な感じですが、「出会いがない」と嘆くだけで全く動かないよりは断然マシですよ。

女性はギャップに弱い

チャラ男は見た目や雰囲気からあまり良いイメージを持たれませんが、女性はギャップに弱い生き物です。そんなチャラ男だからこそ将来の事をしっかりと考えていたり、子供や老人に優しかったり、男らしい一面があったりすることで、女性の心を掴みやすくなります。

つまり、一般的には当たり前のことでも、チャラ男は最初のハードルが下がっているので、女性に良い印象を見せると有利になるのです。

明るくて楽しい

チャラ男は基本的に明るくて場を盛り上げてくれます。場の中心にいると一目おかれますし、一緒にいて楽しいので女性には好かれやすくなります。

ちなみに見た目だけで女性が男性に惚れるのはよほどのイケメンだけです。女性は男性の雰囲気に惚れるので、大人しくしているイケメンよりも場を盛り上げるチャラ男のほうがモテますよ。

褒め上手

チャラ男は基本的に褒め上手なので、自分のタイプでない女性でも何か良い部分を見つけて褒めます。しかもそれが、誰でも言える言葉ではない褒め方だったりするので、女性にも喜ばれやすくなります。

女性の扱いに慣れている

モテるチャラ男は場数を踏んで女性と接してきた経験も多いので、女性の扱いにも非常に慣れています。つまりチャラ男になって女性と接していくと、さらに女性にモテるようになるということですね。

逆に女性の扱いに慣れるには、チャラ男になって場数を踏むことが一番手っ取り早いかもしれません。

男性にも人気がある

男性に嫌われているチャラ男もいますが、基本的に女性からモテるチャラ男は男性にも人気があって友達が多いです。僕たち男性もチャラ男には良いイメージを持っていませんが、いざ話してみると楽しくていい奴なので、気が付くと仲良くなっていたりします。

チャラ男は男女問わず友達が多く出会いに恵まれるので、さらにモテるようになるのです。

チャラ男になる方法

自分一人でチャラ男になろうと思っても、どうしたら良いか分からないですよね?

そこで手っ取り早くチャラ男になるには、チャラ男の友達を作ることです。チャラ男のグループのようなところに入れるとさらに良いです。身近にチャラ男がいると、嫌でもチャラ男の影響を受けてしまいますからね。

もちろんチャラ男の女性との接し方を身近で見られるので、あなた次第でいくらでもテクニックを学ぶこともできます。また、一緒にいることで女性との出会いが増えますし、一緒にいるだけで同じような雰囲気を女性に感じさせることもできると思いますよ。

まとめ

チャラ男が女性にモテる理由は、この6つです。

  • 女性と仲良くなりやすい
  • 女性はギャップに弱い
  • 明るくて楽しい
  • 褒め上手
  • 女性の扱いが上手い
  • 男性にも人気がある

そして、あなたもチャラ男になるにはチャラ男の友達を作るのが一番早いので、もし周りにいなければ、これからチャラ男の友達を作ってみてくださいね。
⇒ 30代からの友達の作り方!オススメの場所18選

あなたにピッタリの結婚相手を見つける方法とは?

「出会いがない…」
「理想の相手と出会えない…」
「紹介してくれる友人もいない…」
「結婚相手には妥協したくない…」
「親に孫の顔を見せてあげたい…」
など、

結婚したくても、
『良い縁に恵まれない』

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

婚活サイトや
パーティーを利用しても
なかなかマッチングできず、

また、マッチングできても、
次に繋がらない。

そんな方にオススメなのが、
楽天オーネットです。

成婚11万人

テレビCMでも話題の結婚チャンステスト

CMで話題の楽天オーネットは、
無料のチャンステストが人気です。

Web上で簡単な質問に答えるだけで
『あなたの理想の結婚相手を探す』
シミュレーション診断ができます。

楽天オーネットの会員数は、
男女ともに2万人を超えており、
業界最大級!

理想の相手と出会いたいなら、
まだ結婚していない
今がチャンスかも!?

『あの時やっておけば良かった…』

あとで後悔したくない方は、
試してみてはいかがでしょうか?