30代男性にオススメの髪型はコレ!もし薄毛になったら?

30代男性にオススメの髪型はコレ!もし薄毛になったら?

若い頃は髪型だけで雰囲気イケメンになる事も簡単でしたね。しかし、30代になると厳しいものがありますので、頑張り過ぎても無頓着でもいけません。

今回は30代男性にオススメのヘアスタイルと、薄毛になった場合の対処法について解説していこうと思います。

スポンサーリンク

30代男性にオススメのヘアスタイル

率直に申し上げて髪型は黒髪のショートカットが一番です。なぜなら、この髪型が嫌いという女性がいないからです。

髪型でモテようとすることよりも、まずは女性に嫌われないことを考えましょう。

染めたり、流行の髪型をオススメしない理由

髪を染めたり、流行の髪型も気になりますよね?ただし、基本的にそれが許されるのは10代~20代前半までだと思ってください。それくらいの年代であれば、髪型だけで女性に好印象を持たせることもできます。

しかし、30代ともなると「いい年して…」と引いてしまう女性も少なくありません。

若い女性に気に入られるためにはそういう髪型も一つの手段ではあります。しかし、ギャル相手でも「おっさん頑張り過ぎ」と裏で笑われるのがオチで、相手の土俵に合わせるのではなく大人の身だしなみで勝負したほうが効果的ですよ。

客観的に考えてみる

僕がまだ20歳の頃、バイト先でなぜかいつもルーズソックスを履いている女性がいました。聞くところによると、その方は40歳くらいとの事で(^^;)

これは極端な例かもしれませんが、30代のあなたがいくら髪を染めてみたり、流行の髪型をしたりして満足しても、周りがどう思うかを考えてみてくださいね。

美容室が無難

髪型は美容師さんにお任せすれば問題ないです。イメージとしては俳優の沢村一樹さんや阿部寛さんのようなシンプルで清潔感のあるショートカットです。そして、やはり床屋(理容師)さんよりも美容師さんのほうが無難だと思います。

ただし、腕が良ければ、若くてオシャレな理容師さんのいる床屋さんでも良いです。実は僕も床屋さんに行ってます。もちろん腕も確かで、僕自身も大満足している床屋さんです。色んな美容室も試しましたが、なんだかんだで今通っている所が一番でした。

男性なら1か月に1回位は行くと思うので、色んな美容室や床屋さんへ行ってみて、ぜひ自分が納得できるお店を選んでみてください。というよりも、ショートカットならそれ位のペースで整えてもらわなければ、まとまり感がなくなって印象も悪くなるので、少なくとも月一では通いましょうね。

スポンサーリンク

薄毛になった場合の対処法

女性が薄毛の男性を嫌う理由

年齢を重ねると頭頂部が薄くなったり、おでこが広くなってしまう事もあると思います。最近はかつらに頼らなくても、植毛・増毛・発毛の技術が発達してきたので、お金に余裕があればそういう所に頼ってみるのも良いでしょう。

ただし、薄くなってきた部分を隠そうとしたり、ワックスなどで無理やりセットしたりするのはオススメしません。なぜなら、女性は薄毛の男性を「薄毛だから」という理由で嫌いになるわけではなく、薄毛を隠そうとしたり、卑屈になっていたりする姿に魅力を感じないからこそ嫌いになるからです。

なので薄毛になってしまったら、いっその事坊主にしてしまったほうが良いでしょう。そのほうが薄くなっているのも目立ちませんよ。

薄毛でもモテる人はモテる

「なんで坊主なんですか?」なんて聞いてくる女性には「薄くなっちゃって(笑)」と堂々としていればいいんです。聞かれてテンションが下がった様子を見せると、相手も余計に気を使います。

僕の先輩にも30代に入ったころからずっと坊主の方がいますが、その方も坊主にした理由は、やはり薄くなってきたからと話していました。しかし、その先輩はいつも堂々としていますし、一緒に飲みに行ってもいつも女性と盛り上がってモテています。

なので、僕は運良くまだ髪が充分に残っていますが、薄くなったら当然坊主にするつもりでいます。ただし、お金に余裕があれば、一度くらいは発毛サロンなどに行くかもしれませんけどね(笑)

まとめ

30代になったら、髪型でモテようとは思わずに黒髪のショートカットにしたほうが無難で、薄毛になったら潔く坊主にしてしまったほうが良いです。髪型でモテようと思ったり、薄毛で悩んでいるよりは、他の部分を磨いて男を上げる努力をしたほうがマシですからね。

例えば女性に「話していて楽しい」と思ってもらえるような『聞き上手』になるのはオススメです。いくら髪型をいじってモテてても、年を重ねていく中で薄毛になってしまったら、文字通り何も残らなくなってしまいます。

しかし、トークスキルは違います。一度身に付けてしまえば、使い続ける事でさらに磨かれていきます。年を重ねるとモテなくなるのは当然なので、ぜひ今のうちから年を重ねても色あせないコミュニケーションスキルを身に付けていきましょう。
⇒ 聞き上手になるための2つのコツ!聞き上手がモテる理由とは?

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ