女性の褒め方はこれでバッチリ!女心をつかむ5つのパターン

女性の褒め方はこれでバッチリ!女心をつかむ5つのパターン

気になる女性に好意を伝え、喜んでもらおうとして褒めても、なかなか上手くいかなかったりしますよね?やはりそれだけ女性の褒め方というのは難しいのです。

今回は女性に喜ばれない褒め方と、喜ばれる褒め方について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

あまり喜ばれない女性の褒め方

外見的な特徴

基本的に「かわいいね」「綺麗だね」「美人だね」というベタな褒め方は、女性が彼氏や好きな男性から言われてこそ喜ぶ褒め言葉です。

また、実際に綺麗な女性は昔から容姿を褒められて育ってきており、そのような言葉は何度も聞いているので、外見で判断されることを嫌がる場合もあります。だからこそ、好きでもない男性から言われてもリアクションに困ってしまったり、その好意を「ウザい」と思ってしまったりするのです。

また、スタイルを褒めるのも下心が感じられてしまいますので「キモイ」と思われてしまいます。このような言葉は二人の距離が縮まっていない段階、特に初対面の女性には言わないようにしてください。

ただし、付き合ってからは喜ばれますので、彼女には普段の何気ない時やキスした後などに言ってあげましょう。

ぽっちゃり・背の高い女性に対して

あまり仲良くなっていない時は女性の外見は褒めないほうが無難ですが、ぽっちゃりしている女性や背の高い女性に対しては特に気を付けてください。「ぽっちゃりしているね」はもちろんですが、「背が高いね」も褒め言葉にはなりませんので、そこには触れないのが一番です。

ただし、女性のほうから「私、太っているから…」「私、背が高いから…」と言ってくる場合があります。ぽっちゃりしている女性に対しては「全然そんな事ないよ」と言ってあげてください。背の高い女性には「モデルみたい」「全然気にならないよ」と言ってあげましょう。

さらに、女性の背が高くてもあなたのほうが高いなら「ちょうどいい」と言ってあげる事もできます。まぁ、僕は160cmしかないので言えませんけどね(苦笑)

スポンサーリンク

女性に喜ばれる褒め方

パーツを褒める

あまり仲良くなっていない段階では、女性の外見は褒めないほうが無難ですが、褒めるのであればパーツを褒めてあげましょう。

簡単に褒められるパーツとしては、例えば髪型で、以前会った時と変わっていれば、その変化に気が付いてあげるだけで喜びます。そして、できれば前の髪型も今の髪型も似合っていると言えれば、なお良いです。

他には「目がキレイ」「肌がキレイ」というのは、わりと女性が喜ぶ褒め方です。ただし、これもいきなりだったり、あまり仲良くなっていない段階では逆効果なので、使い方に気を付けましょう。

年齢

年齢は基本的に若く言っておけば問題ないので、簡単に使える褒め方です。ただし、20歳前後の子は若く言われると「子供っぽく見られている」と思ってしまい、逆効果になる場合もあります。

とは言っても、20歳以下でお酒を飲ませてしまうと大問題ですので、好かれるかどうかは気にせずに「20歳になっているよね?」と一応聞いてみるというスタンスで確認はしておきましょう。聞かずに口説いて、18歳未満だったらアウトですからね。

そして25歳以上の相手なら「20歳くらいだよね?」と、見た目マイナス5歳くらいで聞いておけば、だいたい喜んでくれます。逆に上の年齢を言ってしまわないように気を付けてくださいね。

小物や洋服を褒める

女性を見た目で褒めるのであれば、持っている小物や着ている洋服を褒めたほうが喜ばれます。褒める時には、センスや新しい物を褒めるようにしてください。ただし「高そうだね」のように価格の事は言う必要はありません。

例えば、前回会った時と違う時計をしていたら「あれ?この前と時計違うくない?」と言うと、その変化に気付いただけでも女性は喜びます。その時計の話をし始めたら「◯◯ちゃんにすごく似合ってるよ」と言っておくと、さらに喜ぶはずです。

ちなみに付き合ってからは、逆にこのような変化に気づいてあげないと彼女が不機嫌になりますので、普段から女性の変化に気が付けるようになってくださいね。

内面や性格を褒める

小物や洋服を褒めると同時に内面的な魅力も褒められるようになると、さらに喜んでくれます。

例えば、合コンで皆の料理を取り分けたり、コップなどを集めてくれる女性には「気がきくね」と言ってあげると喜びます。ただしみんなの前で言ってしまうと、他の女性に対して「気が使えない」と言っているようなものなので、これは二人の時に言ってあげるのがコツです。

また、何か面白い話をしてきたら「◯◯ちゃんっておもしろいね」。自分の考えや仕事のことを話してきたら「しっかりしてるね」。このように話している内容からも褒めるポイントがないかを探しながら、女性の話を聞く事を心掛けてみてくださいね。

他の人経由で褒める

  • 職場
  • 合コン
  • 社会人サークル
  • 習い事

このように同じグループ内であれば、他の人を経由して褒めるのも一つの手です。

例えば、社内の女性には「この前◯◯ちゃんにお願いしていた仕事、完璧で助かったよ。あの子すごいね。やっぱいつも頑張ってるの?」のように伝えます。

ただし、これは相手に接点がないとあまり意味がありませんので、なるべく仲が良さそうな相手に言うのがコツです。また、エピソードを話すだけだと「なんで私に言うの?」と不自然な雰囲気もあります。

しかし「いつも頑張っているの?」のような質問を投げかけることで、エピソードは単なる前フリになるので、自然に褒めることができるようになります。女性は直接褒められるよりも、このような間接的な褒め方をされるほうが、こちらを意識しやすくなります。

また、言われた相手は確実にそれを本人に伝えます。さらに、言う立場のこちらとしても、直接言うよりも言いやすいはずです。

他の人経由で褒めるのはメリットも多い褒め方なので、上手く使ってみてくださいね。

まとめ

女性の外見を褒める時は、相手がこちらに好意を持っていないと喜ばれないので、褒めるなら二人の距離を縮めてからにしましょう。

あまり仲が良くない段階では、相手の小物・洋服などのセンスや、性格などの内面を褒めてあげるほうが良いです。そのためにも相手の小さな変化に気づいたり、話をしっかり聞いてあげるようになってください。

また、褒めると同時に聞き上手になることで好感度も上がります。ぜひ女性を褒めて楽しく会話ができる聞き上手を目指してみてくださいね。
⇒ 聞き上手になるための2つのコツ!聞き上手がモテる理由とは?

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ