気になる女性に話しかける方法!きっかけ作りの3つの条件とは?

気になる女性に話しかける方法!きっかけ作りの3つの条件とは?

社内などで気になる女性と会話をするには、まず挨拶する関係から始めていきます。しかし、挨拶で顔なじみにはなりますが、それだけでは距離が縮まりませんので、次は会話をして仲良くなりたいですよね?

今回は気になる女性に話しかけるきっかけ作りについて解説していこうと思います。

スポンサーリンク

気になる女性に話しかけるきっかけの作り方

話しかける理由

そもそも女性に話しかける理由がないから、どのように話しかければよいか悩むわけです。もちろん僕たちにしてみればその女性と話したいからという理由はありますが、女性側にしてみれば話しかけられる理由にはなりませんからね。

そこで話しかけるための明確な理由が必要になりますが、その最も簡単な理由が『お願い』をすることです。お願いなら明確な話しかける理由で、相手にも話しかけられる理由として自然ですよね。

例えば「ボールペン借りていい?」というのは一番やりやすいででしょう。もしくは喫煙所で会ったタバコを吸う女性が相手なら「ライター借りていい?」というのも話しかけやすいです。

ただし、何かを借りるのは最も気軽にできるお願いですが、借りる物には気を付けてください。ハンカチなどの人に貸したくないと思われるものは避けるべきですし、たとえ100円でもお金を借りるのもオススメできません。女性によってはケチだと思われてしまいますし、恋人同士であってもお金の貸し借りは悪いことだと拒否感を示す女性もいます。

ちなみに『物を借りる』を例にしましたが、『質問する』というのもお願いになりますので、特に借りられるような物がない場合は何か質問を考えてみましょう。ただし、今回はあくまでも話しかけるきっかけなので、その場で解決するような簡単なお願いを考えてみてくださいね。

スポンサーリンク

話しかける場所とタイミング

女性にお願いをする時は話しかける場所とタイミングを考えなければいけません。なぜならお願いとしては自然でも、女性が「なんで今?」「なんで私に?」と思うような場合は不自然になってしまうからです。

例えば、相手が忙しい時には、面倒だと思われて印象も悪くなってしまいますからね。話しかけるきっかけとしては、このような場所やタイミングが理想的ですよ。

  • たまたまその物がない
  • たまたまその女性が近くにいたから
  • 緊急性があること
  • その女性でなければ知らないこと

話しかける雰囲気

『お願い』は女性に話しかけるきっかけとして無難でやりやすいものですが、あなた自身が話しかけられやすい雰囲気を作ることができれば、実は話す内容は何でも良かったりします。

つまり、話しかけやすいキャラを作るということですね。

例えば、気になる女性が近くにいる時に、他の方と盛り上がって大声で笑ったり、大きなリアクションをとってみたりするだけで、女性には明るくて話しかけやすい印象を与えられます。それができればどんな内容で話しかけても受け入れてもらえるようになるはずです。

誰とも話さないような人が、いきなり話しかけるからこそ不自然さが際立ってしまうのです。しかし、明るいキャラであれば、誰に話しかけても不自然さは感じられなくなりますので、ぜひ自分のキャラも考えてみてくださいね。

まとめ

気になる女性に話しかけるきっかけを作るには、この3つを考えていきましょう。

  • 話しかける理由
  • 話しかける場所
  • 話しかけるタイミング

そして、これにプラスαで『話しかけやすい雰囲気』を作ることができると、より良いです。ただし、女性と会話する時にはその場にあった会話の広げ方がありますので、空気を読んで相手の迷惑にならないような会話を心掛けてくださいね。
⇒ 女性との会話の広げ方のコツ!広げて良い時と悪い時とは?

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ