友達ができない原因はなぜ?まだ間に合う3つの改善策!

友達ができない原因はなぜ?まだ間に合う3つの改善策!

今回は友達ができない原因と改善策について解説しています。

社会人になると友達作りは難しいと思われがちですが、自分次第でいくらでも作ることはできますので、思い当たる節があれば、ぜひ改善してくださいね。

スポンサーリンク

友達ができない原因と改善策

人と知り合う場所に足を運んでいない

友達ができない最大の原因は、人と知り合う場所に足を運んでいない事です。

学生時代は毎日学校へ行くだけで気が付くと友達ができていましたよね?しかし、社会人になると勤務先だけでは同年代も少ない上に周りは結婚している方が多いので、友達を作るのが難しいのは当然なのです。

友達が欲しいのであれば、自分から積極的に人と知り合う場所に足を運んでいきましょう。
⇒ 30代からの友達作り!オススメの場所8選

自分からコミュニケーションを取ろうとしていない

人との出会いは多いのに友達ができないのであれば、コミュニケーション不足が原因として考えられます。

相手に興味を持って聞いてみる

相手とコミュニケーションをとるには、まず相手に興味を持って聞いてみることです。もしくは相手が何かに詳しそうなのであれば、それに関して聞いてみるのも良いです。

質問は最も簡単なコミュニケーションですので、話しかけるのが苦手なら質問を利用して、会話のきっかけを掴んでみましょう。

自分の事も伝える

相手に聞いているだけでは「何こいつ?」と思われまずので、できれば自分の事も伝えてください。自分の事を伝えるには、何かのエピソードや出来事に感情を込める事がポイントです。

例えば、単に「僕は◯◯に住んでいるんですよ」といきなり言っても「へ~そうなんだ」で終わってしまいます。

しかし「僕○○に住んでいるんですけど、今日5分寝坊して電車が一本遅れただけで、かなり激混みできつかったんですよ」のように伝えることで、今日の出来事に加えて、自然に自分の情報を伝えることができます。すると相手も興味を持ちやすくなり、話も広げやすくなります。

また、この流れで相手の住んでいるところを聞いても、不自然ではありませんよね?このようにまずは相手に興味を持って、そしてこちらにも興味を持ってもらえるように、会話のキャッチボールを心掛けてみましょう。

スポンサーリンク

男性同士なので、多少ずうずうしくても良い

僕が社会人になってから仲良くなった友達は、ほとんど相手がずうずうしく距離を縮めてきたことがきっかけです。最初はびっくりしましたよ。「いやいや、そんなに仲良くないじゃん」って。しかもそんな風に誘ってくる奴に限って、実は第一印象が悪かったりします(笑)

けど、断る理由もないですからね。そして、一緒に飲みに行ってみると、気の合ういい奴だったということが多かったりするのです。なので、男性同士ならあなたも多少はずうずうしくなっても大丈夫だと思いますよ。

相手に嫌われてしまう

相手に嫌われてしまっては、当然友達にはなれません。男性同士なので、女性ほど気を使う必要はありませんが、自分がされて嫌な事は相手にもしないように気を付けましょう。

自慢話

他人の自慢話って、聞いていて楽しいと思えないですよね?僕は他人の自慢話があまり好きではなので、自慢話が多い方とは無意識のうちに距離を空けてしまいます。

自慢話は冗談ぽく言ってみたり、何かのエピソードの一つで話すなど、話し方次第でだいぶ印象は変わります。どうしても話したいのであれば、失敗談も織り交ぜるなどしてみて伝え方を考えてみてください。

それができないのであれば、自慢話はしないように心掛けましょう。

馬鹿にする

他人を見下したり馬鹿にしたりするのも、当然ですが辞めておきましょう。男性同士なので女性相手よりもイジったりすることが多くなるとは思います。

しかし、イジる事と馬鹿にする事は相手の感じ方次第です。あまり自信がないのであれば、イジリはやめておきましょう。

まとめ

このように男性の友達を作るには、この3つを心掛けてください。

  • 人と知り合う場所に足を運ぶ
  • 多少ずうずうしく距離を縮めても良い
  • けど、嫌われるような言動には気を付ける

男性なら女性より話しかけやすいですし、連絡先の交換もしやすいはずです。飲みに誘うのも難しくはありませんし、付き合うという約束もありませんので(笑)彼女よりも友達を作るほうが簡単です。

なので、友達も彼女もいないのであれば、まずは友達になれそうな男性を探して、コミュニケーションや距離の縮め方などを、その過程で練習してみても良いでしょう。そのためにも、まずは友達を作れる場所に足を運んでみてくださいね。
⇒ 30代からの友達作り!オススメの場所8選

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ