職場に友達がいない?無理なく同僚と友達になる方法とは?

職場に友達がいない?無理なく同僚と友達になる方法とは?

会社の中では社内恋愛を狙うよりも同僚と友達になるほうが簡単です。また、会社は毎日行って長時間いる場所なので、友達が少ないのであれば、まず職場で友達を作ってみるのがオススメです。

今回は無理なく職場の同僚と友達になる方法について書いていこうと思います。

スポンサーリンク

本当の友達になる必要はない

気が付いたらそうなっているのが親友

こんな事を言うと本末転倒ですが、職場で一生付き合えるような親友を作ってくださいというわけではありません。本当に仲の良い学生時代からの友達は、狙って仲良くなったわけではありませんよね。気が付いたらそういう関係になっていた、それが親友というものだと思います。

なので、まずはそんなに難しく考えずに気楽に取り組んでいきましょう。

一緒に飲みに行ける程度で十分

職場の同僚とは、一線を引こうとする方もわりと多いので、あまりガツガツすると面倒臭いと思われてしまうかもしれません。

あくまでも狙いは連絡先を交換して一緒に飲みに行ってくれる程度の仲です。そこから先は狙ってどうこうなるようなものではないと思ってください。

職場の同僚と友達になる方法

職場の同僚との距離感

連絡先を交換して二人で気軽に飲みに行けるくらいの関係というのは、上司と部下という立場では、なかなか難しいかもしれませんね。しかし多少役職に差があっても、先輩と後輩という距離感なら友達に近い関係だと思います。

さすがに30代ともなると、20代前半が相手では部下のような関係になると思うので、20代後半くらいなら大丈夫でしょう。この辺は明確なラインはありませんが、自分の年齢±5歳位なら、先輩・後輩という距離感で気軽に盛り上がることもできるはずです。

まだそういう関係の同僚がいないなら、周りにいないか探してみてくださいね。

スポンサーリンク

狙うべき同僚

できれば女性との出会いに繋げたいので、なるべく独身の男性と仲良くなることを狙ったほうが良いですね。他の方ともよく飲みに行っていてモテそうな方なら、さらに良いです。もしくは仲の良い男性グループがあれば、その中の誰か一人と仲良くなることで、一気に他のメンバーとも仲良くなれます。

いずれにしても、活動的でノリの良い男性の同僚と友達になることを狙ってみてください。

職場の同僚との距離の縮め方

まずはしっかりと明るく元気に挨拶をすることです。挨拶は人を選んでするものではありませんので、しっかりと全員に挨拶をしてください。挨拶をすることで、相手に良い印象を持ってもらいましょう。

ただし、これから仲良くなれそうな同僚がいたとしても、男性同士とはいえいきなり飲みに誘うのは難しいと思います。

なので、職場の飲み会などを利用して、そこで子供時代の話・趣味・下ネタなどで盛り上がって距離を縮めるのが、最も簡単な方法です。一回盛り上がることができれば、直接飲みに誘う事も難しくなくなります。

また、相手がキャバクラや風俗が好きなら、それをネタに誘ってみるのも良いでしょう。ただし、キャバクラや風俗にはハマらないように気を付けてくださいね。

最後に

男性の同僚と飲みに行くのは、実はそこまで難しいことではありません。行きたがらない人を誘うのは難しいと思いますが、活動的でノリの良い同僚であれば仲良くなるのは簡単です。

職場は毎日行って長時間いる場所なので、仲の良い同僚がいるだけでつまらない仕事が楽しくなることもあります。いきなりは難しいかもしれませんが、少しずつでも同僚と距離を縮められるように、まずは元気に挨拶から始めてみましょう。

ただし、今の職場では年齢層的に難しい場合には、職場以外で友達を作れるように積極的に行動してみてくださいね。
⇒ 30代からの友達作り!オススメの場所8選

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ