社内恋愛の誘い方!食事デートに繋げられる5つのアプローチ方法

社内に気になる女性がいても、食事デートに誘うのはなかなか難しいですよね。

誘いたくても、きっかけやタイミングがないという方も多いでしょう。

そこで今回は『社内恋愛の誘い方』を5つご紹介していきます。

社内恋愛は同じ社内だからこその難しさがありますが、逆にその立場やシチュエーションを利用した誘い方が可能となりますので、ぜひ参考にしてみてください。

社内恋愛の誘い方5つのアプローチ方法

直属の後輩を誘う方法

社内恋愛 直属の後輩を誘う方法

直属の後輩や部下を食事に誘うなら、自分自身が先輩・上司という立場を利用します。

例えば、その後輩に何か仕事をお願いして、そのお礼で「食事をごちそうする」と言って誘うのが自然です。

二人きりで残業するようなシチュエーションが作れると、なお誘いやすくなります。

ここでのポイントは、あくまでも『お礼』であること。

単に「食事に行こう」という誘い方では「え?なんで?」と思われてしまう可能性がありますが、『お礼』という理由があれば、相手の後輩女性も受け入れやすくなります。

そして、そのお礼で行った食事中にプライベートな話題で盛り上げて、「じゃあ今度◯◯に行こうよ」のように次のデートに繋げていきましょう。
⇒ 付き合う前の食事デート成功7つのコツ!お店選びのポイントは?

他部署の女性を誘う方法

社内恋愛 他部署の女性を誘う方法

他部署の女性を誘う場合は、いきなり二人きりの食事デートに誘うことはしません。

なぜなら、誘う理由がないからです。

女性を誘う時に大事なのは、自然な誘い方であること。もしくは誘う理由があることです。

そこで、他部署の女性を誘う場合には、直接誘う前のワンクッションとして、大勢での飲み会を開きます。

その女性と同じ部署で、協力者になってくれるような同僚がいれば、飲み会も開催しやすくなります。

そして、その飲み会中に誘うことを狙いますが、一度で距離を縮められそうもない時は、二度・三度と飲み会を開いてください。

二人きりで話している時に、相手の興味のある話題で盛り上がったタイミングで誘いましょう。

同期の女性を誘う方法

社内恋愛 同期の女性を誘う方法

同期の女性を誘う場合は、同じ部署なら後輩を誘うのと同じように、頼んだ仕事のお礼として誘うのが自然です。

違う部署の場合は、やはりワンクッションとして飲み会を開きますが、これは「同期みんなで一緒に飲もう」というのが最も自然な理由になります。

また、同期の飲み会を開く場合は、あなた自身が男性側の幹事になり、その気になっている女性に女性側の幹事をお願いするのが理想です。

幹事同士で連絡を取り合うので、自然に接触回数が増えます。

同期の人数が多い場合は、打ち合わせやお店の下見という名目で、飲み会前に二人で食事に行くのも不自然ではありません。

みんなが楽しめる飲み会を成功させれば、幹事であるあなたに対しての評価も上がるでしょう。

合コンをきっかけにアプローチする方法

社内恋愛 合コンをきっかけにアプローチする方法

これまでお伝えした方法でも、直接誘うのが難しい場合は、プラスαとして合コンをきっかけにアプローチする方法があります。

ここでのポイントは、あなた自身が彼女を欲しているのではなく、友達に頼まれたという名目にすること。

また、お願いする時は『合コン』ではなく『飲み会』という言葉を使ってください。

例えば「男だらけの職場で働いてる友達に頼まれたんだけど、よかったら飲み会しない?」のような感じです。

ここでもお互い幹事同士で連絡を取り合うことで、接触回数が増やせるというメリットがあります。

ただし、合コンを開くことで友達がライバルになったり、「私に興味ないのかな」と思われてしまう可能性もあります。

ですから、合コンを開くのはちょっと遠回りな方法になってしまいますので、あくまでも直接誘うのが難しい場合のみ、合コンをきっかけにしていきましょう。

社内行事をきっかけにアプローチする方法

社内恋愛 社内行事をきっかけにアプローチする方法

もう一つアプローチのきっかけとして利用したいのが社内行事です。

忘年会や新年会、社員旅行、お花見、研修などを社内恋愛のきっかけとして利用することが可能です。

気になる女性も参加している場合は、そこで仲良くなって誘うことも不可能ではありません。

ただし、社内行事という公の場ですからガツガツし過ぎるのもよくないので、まずは認知してもらうこと、そしてなるべくその気になる女性に近い方と仲良くなることを狙ってください。

そういう方を一人でも多く作ることによって、飲み会をお願いしたりするなどアプローチ方法に幅が広がります。

ですから、社内行事があった場合には、その辺も考えた上でなるべく多く参加していきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は『社内恋愛の誘い方』を5つご紹介してきました。

  1. 直属の後輩を誘う方法
    ⇒ 仕事を依頼して『お礼』という名目で食事に誘う
  2. 他部署の女性を誘う方法
    ⇒ ワンクッションとして大勢の飲み会を開く
  3. 同期の女性を誘う方法
    ⇒ ワンクッションとして同期の飲み会を開く
  4. 合コンをきっかけにアプローチする
    ⇒ 友達に頼まれたという名目で飲み会をお願いする
  5. 社内行事をきっかけにアプローチする
    ⇒ 気になる女性と近い方と仲良くなる

社内恋愛で誘うのは難しく感じますが、その立場やシチュエーションを利用すれば、逆に自然な誘い方ができるようになります。

ポイントは、どんな立場やシチュエーションでも、いきなりは誘わないこと。

自然に誘える理由を見つけて、または作って、相手が応じやすい誘い方をしていきましょう。

あなたにピッタリの結婚相手を見つける方法とは?

「出会いがない…」
「理想の相手と出会えない…」
「紹介してくれる友人もいない…」
「結婚相手には妥協したくない…」
「親に孫の顔を見せてあげたい…」
など、

結婚したくても、
『良い縁に恵まれない』

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

婚活サイトや
パーティーを利用しても
なかなかマッチングできず、

また、マッチングできても、
次に繋がらない。

そんな方にオススメなのが、
楽天オーネットです。

成婚11万人

テレビCMでも話題の結婚チャンステスト

CMで話題の楽天オーネットは、
無料のチャンステストが人気です。

Web上で簡単な質問に答えるだけで
『あなたの理想の結婚相手を探す』
シミュレーション診断ができます。

楽天オーネットの会員数は、
男女ともに2万人を超えており、
業界最大級!

理想の相手と出会いたいなら、
まだ結婚していない
今がチャンスかも!?

『あの時やっておけば良かった…』

あとで後悔したくない方は、
試してみてはいかがでしょうか?