会話が苦手な原因と克服のための3つのコツ

会話が苦手な原因と克服のための3つのコツ

今回は会話が苦手な原因と克服のコツについて解説してきます。

女性を口説くには楽しませることが必要で、女性を楽しませるには会話が欠かせませんので、彼女が欲しいのなら、今回の内容を参考にして、ぜひ苦手な会話を克服してくださいね。

スポンサーリンク

会話が苦手な原因

会話ができないと思っているから

まず、会話ができない最大の原因は「あなた自身がそう思っているから」です。なぜなら、僕たち人間は「できない」と思ったことはできないからです。

例えば「早起きが苦手」と思っていれば、本当に朝起きるのが苦痛になってしまいますし、「仕事ができない」と思っていれば、誰もあなたに仕事を任せてくれなくなりますよね。それと同じように「会話ができない」とあなた自身が思っている限りは、会話が上達するのはないでしょう。

ただし「できると思うだけでできるのか?」と言えば、もちろんそれは違います。できないことをできるようになるには「できるようになりたい」という意識と行動が必要です。まずは自分自身で「できない」と決めつける事を辞めることから始めましょう。

話していないから

会話は話す機会を失うとどんどん下手になっていきます。なぜなら、自分で「できない」と思って話すことから逃げていると、さらに下手になってしまい、ますます「できない」と思ってしまうからです。

ですから逆に、会話は話していく事で上達していきます。というよりも、会話は実際に話す事でしか上達することはできません。

言い方や会話内容などの細かいテクニックもありますが、それ以前に『実際に話していく事』が最も重要なのです。会話が苦手なら会話から逃げずに、積極的に話す事を心掛けていきましょう。

スポンサーリンク

苦手な会話を克服するための3つのコツ

客観的に自分を分析してみる

会話上達の1つ目のコツとしては、客観的に自分を分析してみることです。客観的に分析してみて、あなたは相手から話したいと思えるような人間ですか?話したいと思えないのであれば、何が原因なのでしょう?

  • 見た目? ⇒ 誰でもある程度は改善できます。
  • 暗い? ⇒ 今後は愛想よくしてください。
  • 面白くない? ⇒ 面白くなくても構いません。

このように自分を客観的に分析して、なるべく「話したいと思えない原因」を潰してください。そうすれば、会話をすることへの抵抗も減り、徐々に自信も生まれてくるはずですよ。

相手に興味を持つ

会話をする相手に興味を持つようにしてみてください。相手に興味を持つ前に「何を伝えるか?」と自分のことだけを考えているのも、会話を苦手に感じてしまう原因の一つです。

家族構成や仕事、趣味など「何でも聞いてみたい・知りたい」という興味を持ちましょう。このように興味を持って話を聞いていくと「人って面白いな」と思えるようになり、どんどん話題が膨らんでいきます。

相手に興味を持たない限りは話が続く事はありませんので、会話をする相手に興味を持てるようになりましょう。

新しい出会いの場に足を運ぶ

職場でも家族でも、すでに出来上がっている人間関係の中で会話を上達しようとするのは、なかなか難しいかもしれません。なぜなら『いきなり変わる事への恐怖』が、あなたにあるからです。

そこで新しい出会いの場に足を運んでみてください。新しい場所であれば、元々あなたを知らない人しかいませんので、相手も先入観なく接してくれます。だからこそ、あなたもビビる必要はありません。

新しい出会いの場で会話ができるようになっていけば、職場でも家族に対しても徐々にそれができるようになっていきます。こうして徐々に上達していくのが会話です。何事も一気に上手くなることはありませんので、できことから始めて徐々に会話を上達させていきましょう。

まとめ

会話が苦手な原因は、この2つです。

  • できないと思っているから
  • 話していないから

そして苦手な会話を克服するためのコツは、この3つです。

  • 客観的に自分を分析して改善する
  • 相手に興味を持って接する
  • 新しい出会いの場に足を運ぶ

結局は新しい場所に足を運んで会話をしてみることが克服の最短距離になりますので、まずは練習だと思って、積極的に出会いの場に足を運んでみてくださいね。
⇒ 30代男性のための出会いの場15選!意外な穴場も?

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ