女性をいじるために必要な3つの条件!慣れないうちは辞めておけ!

女性をいじるために必要な3つの条件!慣れないうちは辞めておけ!

今回は女性をいじるのをあまりオススメしない理由と、女性をいじるために必要な条件について解説していきます。

最近はテレビの影響もあって、いじり上手がモテるという風潮も感じられますが、下手に女性をいじると逆効果になってしまいますので、そんなことになる前に確認しておいてくださいね。

スポンサーリンク

女性をいじるのをあまりオススメしない理由

必ずしも必要ではない

まず、女性をいじるのは必ずしも必要なスキルではありません。なぜなら、女性をいじらなくても口説く事はできるからです。

いじり上手を目指すよりも「身だしなみを整えて出会いを増やし、口説くべき時に口説く」だけで、充分モテるようになります。それさえできていないうちは、女性をいじるスキルなんて必要ないと思っておきましょう。

いじるテクニックはおまけ

また、いじりが上手くてモテる男性は、いじりが上手いからモテるわけではありません。単に元々モテる男性がいじり上手なだけです。

例えば男性芸能人でいじりが上手くてモテると言えばロンブーの淳さんですが、淳さんは女性をいじらなくても十分モテそうですよね?いじるテクニックはメインではなく、あくまでもおまけに過ぎないのです。

芸能人でも失敗している

「いじり」は、あまりテレビを鵜呑みにしてはいけません。芸人さんがやっているのは全て演出で、視聴者を笑わせるためにやっていることです。

なので「芸人さんは相手を傷つけずにいじっていて上手いな」なんて思っていたら、それは大きな間違いです。

最近「ブサイク」と言われるのが嫌でテレビに出なくなった女芸人さんがいますよね?もし芸人さんの「いじるテクニック」が誰も傷つけずに純粋に笑いを生み出すものなら、そんな事にはなっていなかったと思いませんか?

また、テレビでいじられている芸人さんでも、プライベートでいじられたらキレるはずです。何でもかんでも「いじる=おもしろい」「いじる=モテる」なんて勘違いをしないように気を付けましょう。

スポンサーリンク

女性をいじるために必要な条件

距離感・信頼関係・キャラ

まず「いじる」というのは「相手がこう言ってきたら、こう返す」というような単純な仕組みではありません。同じような場面で同じような言葉であっても、誰に言うか、誰に言われるかでも変わります。

そして重要なのが、相手との距離感や信頼関係、相手と自分のキャラです。相手との距離が縮まって信頼関係が深まれば深まるほど上手くいくようになりますし、相手と自分のキャラがハマっているほど上手くいくようになります。

女性をいじるなら、1回目よりも2回目、2回目よりも3回目のデートのほうが上手くいきやすくなります。また、飲み会の席では、いじっても良い女性とダメな女性を見極める必要があるのです。

いじってから褒める

女性をいじる時に無難なのは、女性自身が話した内容を繰り返すことで、いじってから褒めることです。なぜなら、女性が自分から話すということは、それはいじっても良い目安になるので、いじっても嫌われるリスクが少なくなるからです。また、褒めることですぐフォローをして、嫌われるリスクを減らします。

例えば、女性が前髪を切り過ぎて変になったと恥ずかしそうに手で隠していたとします。そうしたら「え~、ちょっと見せてよ(笑)」と言って見せてもらい、「前髪パッツンだね(笑)けどかわいいじゃん、オレけっこう前髪パッツン好きだよ」と言ってあげるような感じです。

しつこく続けない

ただし「前髪パッツン」と呼び続けたり、顔を合わせるたびに笑い続けていれば、単なるしつこい奴なので気を付けてください。どんなに上手くできた「いじり」でも、しつこく続けるのはNGです。

また、女性が自分から話してきたと言っても、深刻な話や女性のコンプレックスをネタにしてはいけません。さらに、女性が身内をネタにしてきた場合もいじるのは辞めておきましょう。身内に関しては、自分で言うのは良くても他人から言われると腹が立つはずですからね。

この辺は、なるべく相手の立場になってみて、自分が言われたくない事は相手にも言わないように心掛けてくださいね。

まとめ

女性をいじるために必要な条件は、この3つです。

  • 距離が縮まって信頼関係があり、お互いのキャラに合っている
  • いじってから褒める
  • しつこく続けない

ただし、女性をいじるのはリスクが高いので、モテたいからと言って無理にいじる必要はありませんよ。

ちなみに女性にモテたいなら「いじるテクニック」よりも「聞き上手」になるべきですので、合わせて参考にしてみてくださいね。
⇒ 聞き上手になるための2つのコツ!聞き上手がモテる理由とは?

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ