年上女性をキュンとさせるアプローチの仕方10選

気になる年上女性がいても、どんな風にアプローチしたらいいのか悩みますよね。

「相手は年上だから相手にしてもらえないかも」と、自信を持てない方も多いと思います。

そこで今回は『年上女性をキュンとさせるアプローチの仕方』を10個ご紹介していきます。

相手が年上だからこそ有効なアプローチ方法もありますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

年上女性をキュンとさせるアプローチの仕方10選

年の差を感じさせない

年上女性をキュンとさせるアプローチの仕方 年の差を感じさせない

年上女性にアプローチする際に最も大事なのが『年の差を感じさせないこと』です。

男性側が「相手は年上の女性」と意識しているのと同じように、女性側も「相手は年下だからな」と思っています。

意識してしまうのは、その組み合わせのカップルが少ないから。実際、友人たちの彼女や奥さんも年下のほうが多いはずです。

昔から『姉さん女房』という言葉があるくらい『年下男性 × 年上女性』のカップルは珍しいというイメージがあります。

そして、その意識が年下男性との恋のハードルになっている女性も多いため、まずは年の差を感じさせないことが必要になるわけです。

 

女性は年齢を重ねていくたびに、「もう若くないから~」と、自虐的に年齢をネタにしてくることがあります。

そんな時には、「そんなことないですよ」と否定してあげてください。

一緒になって相手をおばちゃん扱いするのは最悪です。仲良くなったように見えて、一発で恋愛対象外にされてしまいます。

女性はみないつまでも若くいたいと思っています。自分をおばちゃん扱いする男性を好きになるはずがありません。

ですから、気になっている年上女性が自虐的な年齢ネタを言ってきた時には、年の差を感じさせないためにも否定してあげましょう。

その世代の音楽や映画などの流行をリサーチしておく

年上女性をキュンとさせるアプローチの仕方 その世代の音楽や映画などの流行をリサーチしておく

年上女性にアプローチする時には、その世代に流行した音楽や映画などをリサーチしておいてください。

お互いに知っているミュージシャンが一緒というだけで、同世代のような気持ちになれます。

2~3歳くらいの差ではそもそも本当に同世代なので、あまり効果はないかもしれませんが、5歳以上年上の場合はかなり有効なテクニックです。

 

また、会話の入り口としても盛り上がりやすいネタです。

男女問わず、年上の方は年下に「ねぇ、○○って知ってる?」と聞くことがよくありますよね。

それを知らないと答えた年下に対して「うわぁ~やっぱ知らないんだ」というのが普通の反応。

だからこそ、ここで「知ってますよ。△△って曲、めっちゃ好きなんですよね~」と返せると、相手は喜びます。

 

ただし、なんで知ってるのか聞かれた時に「父が聞いていました」とか、「兄が聞いてました」と答えてしまうと、台無しになってしまいます。

相手は親や兄と同世代と感じてしまうので、逆に年の差を感じてしまいます。

ですから、知っている理由を聞かれた時は「なんでですかね(笑)たぶん普通に聞いてましたよ」と、適当に誤魔化しておきましょう。

二人きりの時は徐々にタメ口に変えていく

年上女性をキュンとさせるアプローチの仕方 二人きりの時は徐々にタメ口に変えていく

年上の女性にアプローチする際は、二人きりの時は狙って徐々にタメ口に変えていってください。

相手が誰であれ、大人の出会いでは最初は敬語が基本ですが、相手が年下の場合は初日からタメ口に変わることもあります。

しかし、相手が年上の場合は、ずっとそのまま敬語で接するのが普通です。

だからこそ、お互いに年の差という壁が、なかなか消えないわけです。

そこで、タメ口に変えていけば、その壁も徐々になくなっていきます。

年下の女性にタメ口で話されると、なんとなく仲良くなった気がしますよね?

それと一緒です。

 

職場の先輩でも、二人きりの時は思い切って徐々にタメ口にしてみてください。

合コンなど飲み会の席で出会った年上女性なら、その日からタメ口でも大丈夫です。

いきなりタメ口にするのが不安な場合は「もうタメ口でいいですか?」と確認しても構いません。

ここで「ダメ」という女性は、まずいませんので。

仲良くなってからタメ口にするのではなく、タメ口にするからこそ仲良くなれると考えていきましょう。

名字ではなく下の名前で呼ぶ

年上女性をキュンとさせるアプローチの仕方 名字ではなく下の名前で呼ぶ

年上女性の名前を呼ぶ時は、名字ではなく、徐々に下の名前で呼ぶようにしてください。

これもタメ口と一緒で、下の名前で呼んだほうが、仲良くなった雰囲気があるからです。

学生時代を思い出してみてください。

仲の良かった同級生ほど、名字ではなく、下の名前やニックネームで呼ぶことが多かったですよね。

だからこそ、仲良くなるために、名字ではなく下の名前で呼ぶのが有効なわけです。

 

ただし、やはり相手は年上なので「ちゃん」付けは微妙です。

また、ニックネームで呼ばれる事に抵抗がある女性もいます。

ですから、最初は名字に「さん」付けから、徐々に下の名前に「さん」付け。

そして、さらに仲良くなってきたら、下の名前を呼び捨てにするところまで狙いたいものです。

付き合ったら呼び捨てにするのが普通なので。

そのための第一歩として、まずは下の名前に「さん」付けするところから始めていきましょう。

甘えた言動は控える

年上女性をキュンとさせるアプローチの仕方 甘えた言動は控える

年上女性には甘えてアプローチするのが有効に思いますが、実はこれは逆効果です。

なぜなら、それは多くの男性が行っているから。

年下にモテる女性ほど、甘えたがりな男性からアプローチされ、ウンザリしているはずです。

甘えられている時点で年の差も感じてしまいます。

何度も言いますが、年上女性にアプローチする時は、年の差を感じさせないことが重要です。

 

また、甘えるつもりがなくても、愚痴などのネガティブな発言も控えてください。

愚痴を言われることも、甘えられていると感じる女性がいるからです。

基本的に女性は、甘えられたいのではなく、自分が甘えたいと思っているものです。

相手が年上の女性でも、こちらに甘えさせてあげるくらいの気持ちでアプローチしていきましょう。

スポンサーリンク

安定的かつ情熱的な将来のビジョンを語る

年上女性をキュンとさせるアプローチの仕方 安定的かつ情熱的な将来のビジョンを語る

女性は年齢を重ねるごとに冒険ができなくなり、安定思考になっていきます。

特に独身の女性ほど、その傾向が強いです。

結婚したいと考えている女性ほど、安定を求めます。

ですから、こういう相手に、独立や海外転勤などの夢を語るのは逆効果

そんな話を聞かされても、女性は不安しか感じないため、「結婚相手としてないな」と思われてしまいます。

ただし、仕事に情熱を持っていない男性にも魅力は感じられません。

「特にやりたいこともないんだよね。定年まで今の会社に勤められればいいや」なんて言っている男性を好きになる女性はいないでしょう。

 

そこで、年上女性に将来のことを話す時は、今の会社でやりたいことを語ってください。

「こういう企画がやりたい」とか、「こんな商品を開発したい」のような感じです。

これなら会社を辞めるとも言っていませんし、むしろ出世しそうな雰囲気すら感じます。

これが安定的かつ情熱的な将来のビジョンを語るコツです。

ぜひ今の自分の仕事に当てはめて、考えてみてください。

それとなく年上好きをアピールする

年上女性をキュンとさせるアプローチの仕方 それとなく年上好きをアピールする

年上女性にアプローチする時は、それとなく年上好きをアピールするのも有効です。

年上好きをアピールできれば、相手の年上女性も「じゃあ私も恋愛対象になるのね」と意識しやすくなります。

「年下の女性は好きになったことがない」「年上のほうが相性がいい」など、自分の経験を交えて伝えられると、さらに良いです。

 

ただし、この時「熟女好き」と言うのはNGです。

熟女という言葉には、どこかエロさが感じられてしまいます。

独身の女性には、そういう目で見られるのを嫌がる方が多いです。

ですから、もし本当に熟女が好きだったとしても、この言葉だけは使わないように気を付けましょう。

恋愛に対する真剣な姿勢を感じさせる

年上女性をキュンとさせるアプローチの仕方 恋愛に対する真剣な姿勢を感じさせる

年上女性にアプローチする時は、恋愛に対する真剣な姿勢を感じさせてください。

年齢が高い独身女性ほど「次に付き合う男性が結婚相手」と思っているからです。

そんな相手にチャラい雰囲気でアプローチしたら、どのように思われるでしょうか?

「付き合ったら遊ばれそう」と思われるに違いありません。

つまり、その時点で脈なしになってしまうのです。

 

ですから、年上女性にアプローチする時は、浮気や短い交際期間は隠しておいてください。

年齢によりますが、なるべく少ない人数で、長く付き合った相手がいたほうが良い印象を与えます。

別れた理由を聞かれた時も、相手に原因があってフラれた。けど未練はない。

このようなスタンスで答えたほうが無難でしょう。
⇒ 元カノと別れた理由を聞かれたら?悪い例と良い例8パターン

デートではリードして頼りがいを見せる

年上女性をキュンとさせるアプローチの仕方 デートではリードして頼りがいを見せる

相手が年上の女性でも、デートではこちらがリードして頼りがいを見せてあげてください。

女性は、男性に頼りたい、守ってもらいたいと思っているものです。

また、リードしてあげることで年の差を感じさせなくする効果もあります。

具体的には、デートで食事するお店は予約しておく。

注文する料理で悩んでいたら、決め手になる理由やアドバイスをしてあげる。

お会計は女性がトイレに立っている間に済ませてしまう、などです。

年上女性だからと言って頼ることなく、こちらが頼ってもらえる存在になりましょう。

エスコートしてあげる

年上女性をキュンとさせるアプローチの仕方 エスコートしてあげる

年上女性とのデートの時には、リードするだけでなくエスコートもしてあげてください。

女性は年齢を重ねていくと、若い時のようにチヤホヤされたり、女性扱いされることが減ってきます。

エスコートされることで、「女性扱いされている」とキュンとすることでしょう。

 

具体的には、こちらが車道を歩く。

エレベーターでは昇りは女性を先に、下りはこちらが先に。(男性が下になるように)

エスカレーターではドアを押さえて、乗り降りしやすくさせてあげる、などです。

他にも相手を女性扱いしてあげることを意識して、気配りをしてあげましょう。

年上女性をキュンとさせるアプローチの仕方【まとめ】

いかがでしたでしょうか?

今回は『年上女性をキュンとさせるアプローチの仕方』をご紹介してきました。

最後にもう一度振り返っておきましょう。

  1. 年の差を感じさせない
    ⇒ 自虐的な年齢ネタを言ってきた時には否定してあげる
  2. その世代の音楽や映画などの流行をリサーチしておく
    ⇒ 会話が盛り上がって同世代感を感じやすい
  3. 二人きりの時は徐々にタメ口に変えていく
    ⇒ 仲良くなってからタメ口にするのではなく、タメ口にするからこそ仲良くなれる
  4. 名字ではなく下の名前で呼ぶ
    ⇒ 下の名前に「さん」付け。最終的には呼び捨てを目指す
  5. 甘えた言動は控える
    ⇒ こちらに甘えさせてあげるくらいの気持ちで接する
  6. 安定的かつ情熱的な将来のビジョンを語る
    ⇒ 夢を語るのは逆効果。今の会社でやりたいことを語る
  7. それとなく年上好きをアピールする
    ⇒ 相手に「自分も恋愛対象になる」と意識させる
  8. 恋愛に対する真剣な姿勢を感じさせる
    ⇒ 過去の恋愛話は、真面目に付き合った時のことを話す
  9. デートではリードして頼りがいを見せる
    ⇒ 頼ってもらえる存在を目指す
  10. エスコートしてあげる
    ⇒ 女性扱いしてキュンとさせる

まとめると『年の差を感じさせずに、女性扱いすること』が最も重要です。

年上女性にアプローチする時は、『年上』と意識すればするほど、難しさを感じてしまいます。

年上でも、相手は一人の女性です。

あまり年上と意識せずに、自然体で一人の女性としてアプローチしていきましょう。

あなたにピッタリの結婚相手を見つける方法とは?

「出会いがない…」
「理想の相手と出会えない…」
「紹介してくれる友人もいない…」
「結婚相手には妥協したくない…」
「親に孫の顔を見せてあげたい…」
など、

結婚したくても、
『良い縁に恵まれない』

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

婚活サイトや
パーティーを利用しても
なかなかマッチングできず、

また、マッチングできても、
次に繋がらない。

そんな方にオススメなのが、
楽天オーネットです。

成婚11万人

テレビCMでも話題の結婚チャンステスト

CMで話題の楽天オーネットは、
無料のチャンステストが人気です。

Web上で簡単な質問に答えるだけで
『あなたの理想の結婚相手を探す』
シミュレーション診断ができます。

楽天オーネットの会員数は、
男女ともに2万人を超えており、
業界最大級!

理想の相手と出会いたいなら、
まだ結婚していない
今がチャンスかも!?

『あの時やっておけば良かった…』

あとで後悔したくない方は、
試してみてはいかがでしょうか?