年下女性に好かれるアプローチ・接し方のコツ12選

年下女性にアプローチする時は接し方に悩みますよね。

「大人の魅力を感じさせるのが有効」と言われても「大人の魅力って何?」と思ったことがある方も多いはず。

そこで今回は『年下女性に好かれるアプローチ・接し方のコツ』を12個ご紹介していきます。

大人の魅力を感じさせる具体的な方法もお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

年下女性に好かれるアプローチ・接し方のコツ 12選

悪い意味での年の差を感じさせない

年下女性に好かれるアプローチ・接し方のコツ 悪い意味での年の差を感じさせない

アプローチしたい年下女性には、悪い意味での年の差を感じさせない接し方を意識してください。

なぜなら、年下の女性たちは単におじさんが好きなわけではないからです。

『大人の魅力』と言っても、何でもかんでも年の差を感じさせれば良いというわけではありません。

「おじさん臭い」と思われるような言動は、マイナスの印象しか与えません。

 

例えば、男性たちは年下女性に、ウケ狙いで自虐的な発言をしがちです。

「もう年だから」「腰が痛い」「最近の歌手は全然知らないよ」などなど。

実際、あなたもまだ10代後半~20代前半だったころ、このような事を言っていた年上男性には、大人の魅力を感じませんでしたよね?

笑っていても「なんかカッコ悪いな」と、どこか馬鹿にしたような感情があったはずです。

 

そして、そう感じるのは女性たちも一緒です。

自虐的な発言で年下女性にウケたとしても、それは恋愛感情に繋がる好意的な笑いではありません。

「情けないな」「おじさん臭いな」と笑われているだけなのです。

ですから、年下女性に好かれたいなら、悪い意味での年の差を感じさせる接し方は控えていきましょう。

ネガティブ発言をしない

年下女性に好かれるアプローチ・接し方のコツ ネガティブ発言をしない

年下女性と接する時は、ネガティブ発言にも気を付けましょう。

ネガティブな男性を嫌がる女性は多いですが、年上なのにネガティブな男性は、さらに嫌われやすいです。

嫌いな上司の陰口、政治や芸能人に対しての悪口、相手の話の粗探しをする癖、などなど。

こうして並べてみると、相手に好かれる要素がないことは明らかですよね?

 

しかし、特に年下の女性相手には、自分の仕事の話や知識をひけらかしたいがために、男性たちはこのような発言をしがちです。

自虐ネタもネガティブ発言に含まれますが、それに加えて愚痴否定的な発言も控えてください。

逆に、女性からの愚痴などを引き出して受け入れるのが魅力ある大人の男性です。

では、年下女性からそのように思われるにはどうしたらいいのか?

次からは、その具体的な方法についてお伝えしていきます。

大人の魅力① 年上の包容力・器の大きさを感じさせてあげる

大人の魅力① 年上の包容力・器の大きさ

大人の魅力としてまず挙げられるのが、年上の包容力や器の大きさです。

これがあるからこそ、女性は年上男性に惹かれます。

分かりやすいのが、女性のわがままを許してあげること。

食べたい物や行きたい場所、デートの予定変更など、女性からリクエストがあればそれに応えてあげましょう。

 

また、多少のことで怒らないことも重要です。

食事しているお店で店員さんが注文した料理を間違えたら、「これも美味しそうですね」と寛大な心で許してあげてください。

職場でも部下がミスをしたら、怒るのではなく一緒に対策を考えてあげてください。

女性たちは、そういった周りの方たちに対しての言動もチェックしています。

誰に対しても器の大きい心で接していきましょう。

大人の魅力② 周りへの配慮を心掛ける

大人の魅力② 周りへの配慮を心掛ける

誰に対しても器の大きい心で接すると同時に、周りへの配慮も心掛けてください。

例えば、飲み会の時にグラスが空きそうな人がいたら「次なに飲む?」と声をかけてあげたり。

女性とのデート中に、前から杖をついた高齢者の方が歩いて来たら、さりげなく端によって道を譲ったり。

こういった『気配り』ができる男性は、女性ウケが良いです。

若い男性ほどできないことなので、特に年下の女性には好かれます。

 

また、気配りだけでなく『周りに迷惑をかけないこと』も大事です。

例えば、歩きタバコをしたり、傘を持って振り回して歩いたり、電車内で電話で話したり。

こういった行動は、一緒にいる女性にも恥ずかしい思いをさせてしまいます。

『気配り』はプラスの評価を得るため、『周りに迷惑をかけないこと』はマイナスの評価にならないために。

アプローチしたい年下女性の前では、特に周りへの配慮を意識していきましょう。

大人の魅力③ リードして頼りがいを見せてあげる

大人の魅力③ リードして頼りがいを見せてあげる

「頼りがいのある男性が好き」という女性は多いですが、特に年下女性は男性に求める傾向が強いです。

学生時代には先生や部活のキャプテン、職場でも上司がモテやすいのは、その場のリーダー的存在だからです。

強い男性に惹かれるのは、女性の本能と言えます。

気になる年下女性に対しては、リードして頼りがいを感じさせてあげてください。

 

ただし、学校や職場でのような関係ではないため、独断で決めてしまわないことが注意点としてあります。

女性が迷っていたら、決め手となる理由を提案して、相手に納得して決めてもらいましょう。

例えば、買う洋服の色で迷っていたら「確かこういう色あまり持っていなかったよね。あればコーデの幅が広がるんじゃない?」のような感じです。

買い物の際、現状を把握せずに、単に「どっちが欲しいか?」だけで悩んでいる女性は多いです。

そんな時に、持っていない色や、すでに持っている洋服に合わせやすい物をアドバイスできれば、女性は納得して決めることができます。

 

もし、決め手になるような理由がなくても、それっぽい理由を言えば納得してもらいやすいです。

食事のお店や料理で迷っていたら、「今度○○にして、今日はこっちにしようか」でも構いません。

何かを選ぶ時は、頼りがいを見せられるチャンスです。

一緒に悩んで優柔不断だと思われないように気を付けましょう。

大人の魅力④ 女性の扱いに慣れてる感を出す

大人の魅力④ 女性の扱いに慣れてる感を出す

大人の魅力を感じさせるには、女性の扱いに慣れている感のある接し方も有効です。

女性に慣れていない男性を「かわいい」と思うのは、年下男性に対してだけ。

女性に慣れていなくてキョドってる年上男性は「キモイ」と思われてしまいます。

ただし、女性に慣れている感と言っても、過去の恋愛話の武勇伝を語るわけではありません。

言葉ではなく、態度で表していくことが必要です。

 

最も有効なのが、デートの際にエスコートしてあげること。

  • 道を歩く時は男性が車道側を歩く
  • エレベーターでは、ドアを押さえて先に乗り降りさせてあげる
  • 昇りのエスカレーターでは女性を先に、下りでは男性が先に乗る
  • 階段や歩きにくい場所では、手を差し出してあげる

どれも基本的なことばかりですが、こういったさりげないエスコートができれば、女性の扱いに慣れている感を出せるでしょう。

大人の魅力⑤ デートプランに大人感を入れる

大人の魅力⑤ デートプランに大人感を入れる

年下女性に大人の魅力を感じてもらうには、デートプランに大人感を入れるのも有効です。

  • 居酒屋で食事デート ⇒ 高級レストラン
  • カフェでお茶 ⇒ ホテルのラウンジ
  • 普通のバー ⇒ 会員制のバー

若い男性は、こういった場所にはなかなか行きません。

だからこそ連れて行ってあげれば、大人っぽさを演出できます。

 

かと言って、毎回このような場所だけにする必要はありません。

デートプランに一つだけでも組み入れられれば十分です。

映画のあとに居酒屋やカフェに行っていたのを、高級レストランやラウンジに変えるとか。

普通の居酒屋で飲んだ後に、会員制のバーに行くとか。

相手の印象に残りやすいように、デート後半で大人っぽさを演出するのがポイントです。

このような場所に年下女性を連れていくためにも、リサーチして行ってみて、まずは自分自身が慣れておきましょう。

大人の魅力⑥ 子供扱いしない

大人の魅力⑥ 子供扱いしない

年下女性と接する時は、相手を子供扱いしてはいけません。

女性は年上の男性と接する時、自分も大人の女性として扱ってほしいと思っているからです。

だからこそ、女性をエスコートしてあげたり、大人感のある場所に連れてくのが有効なわけです。

そのためにも、相手は年下でも『大人の女性』として認めてあげることが重要になります。

 

例えば、女性が何か悩んでいた時、「君はまだ若いから~」「そんなことよくあるよ」のような、相手の経験の浅さを感じさせるような言動は控えてください。

特に仕事にプライドを持っている女性は「子供扱いされた」とショックを受けてしまいます。

しかし、相手を大人の女性として認めていれば、そんな言葉は出てこないはずです。

「それは大変だよね」と共感し、自分の体験談やアドバイスができるようになります。

ですから、アプローチしたい年下女性は大人の女性として認めてあげて、子供扱いしないように気を付けましょう。

大人の魅力⑦ 話をしっかり聞いてあげる

大人の魅力⑦ 話をしっかり聞いてあげる

年下女性と接する時は、相手の話をしっかり聞いてあげることも有効です。

そもそも、オチのない長い話をダラダラ話す女性は多いものです。

それを分かっているからこそ、話を遮って、自分の考えや知識を伝えたくなってしまう男性も多くいます。

 

特に年下女性が相手だと、ちょっと下に見ているせいもあり、その傾向が強いです。

だからこそ、女性の話をしっかり聞いてあげるだけで、「この人は話を聞いてくれる人なんだな」と、女性ウケは良くなります。

話を聞いてあげることは『包容力』や『大人の女性として認めてあげること』にも繋がります。

ですから、年下女性との会話中は、特に話を聞いてあげることを意識していきましょう。

大人の魅力⑧ 会計はスマートに済ませる

大人の魅力⑧ 会計はスマートに済ませる

年下女性とのデートでは、お会計をスマートに済ませると、喜ばれます。

最も良いタイミングは、最後の一杯を注文したあとに、女性がトイレに立った時。

この時に店員さんを読んで、女性が戻る前にお会計を済ませるのがベストです。

スムーズに済ませるためにも、カードで支払いをするのも良いでしょう。

 

相手の女性が戻ってきてからも、会計を済ませたことを伝える必要はありません。

女性が知らぬ間にお会計を済ませているわけですから、「じゃあ、行こうか」と言って店を出ようとすると、「え、お会計はいいの?」と女性はちょっとドキドキします。

しかし「ありがとうございました」と見送ってくれる店員さんを見て「もう支払ってくれたのね」と気づき、大人の魅力を感じてくれます。

これが経験のある女性ならすぐに予想は付きますが、初めての経験になる女性は驚くはずです。

ここまで出来る若い男性はなかなかいませんので、ぜひ気になる年下女性には、このドキドキ感を経験させてあげましょう。

 

ちなみに、もちろんデート代はおごりです。

女性が「私も出すよ」と言って来たら一旦は断って、もう一度言ってきたら、その時初めて割り勘にしてください。

おごられるのが嫌いな女性もいますので、嫌がっているのに強引におごるのは逆効果です。

「どうしても」という場合には、6:4、もしくは7:3くらいで、多少こちらが多めになるように割り勘にしておきましょう。

大人の魅力⑨ 余裕のある態度で接する

大人の魅力⑨ 余裕のある態度で接する

年下女性にアプローチする時は、余裕のある態度で接することも必要です。

ガツガツ感や必死さを出してしまうと、相手には引かれてしまいます。

分かりやすいのが、デートに誘って断られた時。

「なんでダメなの?」と理由を聞くのは最悪です。

「じゃあ◯日はどう?」と、すぐに日程を決めようとするのも、必死な感じが伝わります。

このような場合は、相手から別日の提案が来るのを待つか、間を空けてもう一度誘うのがベストです。

 

一人の女性に必死になってしまうのは、その女性しか誘える相手がいないからです。

他にもデートに誘える女性がいれば、一人に断られても必死になることはありません。

二股はおすすめしませんが、特定の女性と付き合うまでは、同時進行で複数の女性とデートをするのは問題ないです。

そのためにも出会いの場に足を運んで、女性との出会いを増やしていきましょう。
⇒ 30代男性におすすめの出会いの場所31選!意外な穴場もあり!

大人の魅力⑩ ラインは連絡手段としてのみ活用する

大人の魅力⑩ ラインは連絡手段としてのみ活用する

最後に、年下女性とのラインは、連絡手段としてのみ活用してください。

相手も年下とは言え、働いているなら立派な社会人の女性です。

ラインで雑談を仕掛けると、忙しくてウザがられる可能性があります。

また、魅力的な大人の男性というのは、熱意を持って仕事に打ち込んでいるものです。

ラインで雑談をするようなイメージはありません。

 

ラインで雑談をして仲良くなるのは、学生時代まで。

大人の恋愛では、仲良くなるのも口説くのも、直接会っている時にするものです。

ですから、ラインでは無駄なやり取りはせずに、連絡手段としてのみ活用するのが無難です。

相手の女性から雑談を仕掛けてきた場合のみ、適当に返して付き合ってあげましょう。

年下女性に好かれるアプローチ・接し方のコツ【まとめ】

いかがでしたでしょうか?

今回は『年下女性に好かれるアプローチ・接し方のコツ』をご紹介してきました。

最後にもう一度振り返っておきましょう。

  1. 悪い意味での年の差を感じさせない
    ⇒ ウケ狙いの自虐的な発言はNG
  2. ネガティブ発言をしない
    ⇒ 愚痴や否定的な発言もNG
  3. 大人の魅力① 年上の包容力・器の大きさを感じさせてあげる
    ⇒ ミスなどがあっても、誰に対しても寛大な心で許してあげる
  4. 大人の魅力② 周りへの配慮を心掛ける
    ⇒ 『気配り』と『周りに迷惑をかけないこと』を意識する
  5. 大人の魅力③ リードして頼りがいを見せてあげる
    ⇒ 女性が迷っていたら、決め手になる理由を提案してあげる
  6. 大人の魅力④ 女性の扱いに慣れてる感を出す
    ⇒ 言葉ではなく、態度で表していく(エスコートする)
  7. 大人の魅力⑤ デートプランに大人感を入れる
    ⇒ デート後半で大人っぽい場所に連れて行ってあげる
  8. 大人の魅力⑥ 子供扱いしない
    ⇒ 大人の女性として認めて共感してあげる
  9. 大人の魅力⑦ 話をしっかり聞いてあげる
    ⇒ 女性の話がつまらなくても、遮らずに最後まで聞く
  10. 大人の魅力⑧ 会計はスマートに済ませる
    ⇒ 最後の一杯を注文したあとに、女性がトイレに立っている間に済ませる
  11. 大人の魅力⑨ 余裕のある態度で接する
    ⇒ 特定の女性と付き合うまでは、同時進行で複数の女性とデートをする
  12. 大人の魅力⑩ ラインは連絡手段としてのみ活用する
    ⇒ こちらから雑談などの無駄なやり取りを仕掛けない

年下女性に好かれるには、大人の魅力を伝えることが必要です。

そのためには、相手を大人として認めつつも、良い意味で年の差を感じさせてください。

ぜひ今回お伝えした内容を参考にして『かっこいい大人の男』を演出していきましょう。

あなたにピッタリの結婚相談所を見つける方法とは?

「真剣に婚活がしたい…」
「口コミは信用できない…」
「結婚相談所で本当に結婚できるのか…」
「どこを選んだらいいのか…」
など、

結婚相談所への入会を考えていても、
迷っている方・悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

それぞれの相談所を比較してみても、
本当に自分に合っているのか分からず、
時間だけが過ぎてしまう…

そんな方にオススメなのが、
ズバット結婚サービス比較です。

結婚サービス比較.com

無料でできる一括資料請求

ズバット結婚サービス比較なら、
わずか1分ほどで最大10社の結婚相談所に
無料で一括資料請求ができます。

・独自の基準をクリアした優良な相談所
・万全なセキュリティ
・利用者数10万人突破

たった1分の行動が、
あなたの1年後を変えるかもしれません。

適当に選んで後悔したくない方は、
試しに資料請求してみてはいかがでしょうか?