年下女性の口説き方!好かれるための接し方のコツとは?

年下女性の口説き方!好かれるための接し方のコツとは?

年下女性との接し方はなかなか難しいですよね。年下女性を口説きたいと思っても、どこまで合わせたら良いのか悩んでしまう気持ちも分かります。

今回は年下女性の口説き方のコツについて解説したいと思います。

スポンサーリンク

年下女性を口説き方のコツ

女性はおじさんが好きなわけではない

年下女性と接する時には、相手を「若いな」と思ってしまったり、自分を「おっさんだな」と思ってしまったり、どうしても年の差を意識してしまいますよね?しかし、これからはこの考えを捨ててください。

僕たち男性が年下女性を好むのとは対照的に、女性は年上男性を好むと言われていますが、それは単におじさん好きというわけではありません。年上男性に頼りがいを感じたり、大人の魅力が感じられるからこそ、女性は年上の男性を好きになりやすいのです。

ですから、自虐的に「もう若くないから…」と言ったり、「最近の若い子って…」と年の差を感じさせたりしても意味がありません。むしろこれは年上の嫌な部分ですので、無駄に歳の差を感じさせることのないように気を付けましょう。

昔話をする時

年の差を感じさせる話題がNGとなると、話題がなくなるので困りますよね。

しかし、これは心構えやリアクション次第でどうにでもなります。例えば、女性が学生時代に流行った音楽なら「え、あの曲出た時まだ中学生だったのっ!?」ではなく「すごい流行ったよね。どこ行っても流れてたよ。」と視点を変えてみてください。

このように同じような話題でも視点を変えてリアクションをすれば、歳の差を感じさせることはありません。これは慣れないと難しいかもしれませんが、自虐的なおっさんになってもモテませんので、意識して徐々に改善していきましょう。

スポンサーリンク

良い意味で年の差を感じさせてあげる

「年の差を感じさせないようにしましょう」とは言いましたが、年の差を感じさせてネガティブな印象を持たれるのがNGなのです。逆に年の差があることで感じられるポジティブな印象を与えられるのは非常に良いことです。

例えば、女性と同年代の男性ではできないようなことをしてあげると「やっぱり年上の男性っていいな」と女性に思ってもらえるようになります。なので、あなたが昔できなかったことを今やってあげればよいわけです。

  • デートはいつも割り勘だった ⇒ 奢ってあげる
  • デートはいつもノープランだった ⇒ お店はしっかり予約しておく
  • デートはいつも安いチェーン店だった ⇒ ちょっと高くておしゃれなお店に連れていってあげる
  • 仕事の愚痴ばかり話していた ⇒ 自分の話ではなく女性の話を聞いてあげる
  • ダボダボの洋服ばかり着ていた ⇒ スーツでビシッとキメる

挙げだすとキリがありませんが、こういう若い男性があまりできないことができるようになると、年上男性の良い魅力を出せるようになります。若い女性が同年代の男性に不満に感じていることを解消してあげるようになりましょう。

年の差は関係ない

実はこのような事は、若い男性でもしっかりしている方はできています。逆にある程度の年を重ねた方でも、全くできていない方は多くいます。つまり、本当は若いからとか、大人だからというのは関係のない事なんですよね。単に年を重ねると落ち着いて、できる方が増えてくるだけなんです。

ですから「紳士的で頼りがいのある男性でいられること」が、年下の女性を口説くための一番のコツになるということを覚えておいてくださいね。

まとめ

女性は単に年上の男性が好きなわけではなく、同年代の男性には感じられない大人の魅力があるからこそ、年上の男性に惹かれます。年下女性を口説くには、年の差で与えるネガティブな印象をなくして、ポジティブな印象を与えることが必要ですので、紳士的で頼りがいのある男性を目指していきましょう。

ちなみに年上女性を口説くためのコツはこちらで解説していますので、合わせて参考にしてみてくださいね。
⇒ 年上女性を口説き落とすための3つのコツ!

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ