女性からの脈ありサイン!見逃してはいけない5つのパターン

女性からの脈ありサイン!見逃してはいけない5つのパターン

女性があなたに脈ありかどうか分からない内は、積極的に口説くのも怖いですよね?しかし、脈ありと分かれば自信を持って口説けるようになるはずです。

今回は女性からの脈ありサインを5つ解説していきますので、この脈ありサインを出してきた女性には積極的にアタックしてみてくださいね。

スポンサードリンク

見逃してはいけない女性からの脈ありサイン

頻繁にメールが届く

女性から頻繁にメールが届くのは、単に面倒なかまってちゃんな女性の可能性もありますが、それが脈ありサインである可能性は十分あります。普通なら好きでもない男性に頻繁にメールを送るほどヒマではないですからね。

しかし、メールのやり取りだけを続けても意味がありませんので、相手の興味を引き出して二人きりのデートに誘ってみましょう。

もし相手がなかなか誘いに応じないなら、とりあえずメールのやり取りでキープしながら他の女性も同時に狙ってみてください。上手くいくか分からないのに、無駄に時間だけを費やすのも勿体ないですからね。

二人きりでの遊びに誘われる

あなたから誘っていないのに二人きりの遊びに誘われた場合は、何か特別な理由がない限りは脈ありサインと読んで間違いありません。ただし、受け身のままでは進展せずに2回目のデートにも繋がりませんので、次回以降はなるべくあなたから誘ってください。
⇒ 2回目のデートの簡単な誘い方!断られる理由はなぜ?

ただし、せっかくこちらが優位な状態なので、無駄に下手(したて)に出て不利な状況にならないように気を付けましょう。こちらが追いかける恋愛よりも追いかけられる恋愛のほうが良いですからね。

スポンサードリンク

あなたの趣味に興味がある

あなたの趣味に興味を示して「今度連れて行ってよ」と言ってくのも、女性からの脈ありサインと読めます。ただし、年上の上司に対して女性が「凄いですね。今度連れて行ってください」と言うのは明らかな社交辞令なので、普段からの相手との距離感も重要です。

この場合は「じゃあ、行こうよ」と、すぐに連絡先を交換してざっくり予定も決めてしまいます。もし社交辞令であれば適当にかわされてしまいますので、実際に誘ってみてから判断してみると分かりやすいですよ。

次は私が出すね

女性との食事でこちらが奢った後に「ありがとう。次は私が出すね」と言ってくる女性は、また会いたいという気持ちを込めた脈ありサインと読めます。しかし、これを言われてしまうと次のデートはこちらから誘いづらいので、まずは相手からの誘いがあるまで待ちます。

そして、しばらく待ってみても誘いの連絡が無かったら、忘れているフリをしてあなたから誘ってみてください。ただし、誘いが相手からであってもあなたからであっても、次回のデートでもあなたが奢るつもりでいましょう。

もし相手が支払ってくれなかったとしても「この前払うって言ってたじゃん」なんて言わないでくださいね。人間誰しも忘れる事はありますし、そんなことで口説けなくなってしまったら勿体無いですよ。

ボディタッチ

ボディタッチは癖になっている女性やキャバ嬢でもしてくる事は多いですが、これも一応は脈ありサインと読めます。相手からボディタッチがあれば、あなたからも相手の反応を見ながらちょっとずつ試してみることで、好意があるのかを判断することができます。

流れ次第ではそのままホテルに誘う事も不可能ではありませんが、少なくとも手を繋いだり、腰や肩に手を回すくらいまでは持っていきたいですね。それがきっかけで一気に距離が縮めることもできますので、ぜひそのチャンスを逃さないようにしてくださいね。

最後に

女性からの脈ありサインを一言で表すと『誰にでもやるような事ではなく、あなただけにやっている事』です。つまり、ボディタッチなどは誰に対してもやる女性がいますので、必ずしも脈ありとは限らない場合もあります。

ちょっと分かりづらい場合には、こちらからもアクションを起こして相手の反応を見てみることも必要です。また、飲み会でボディタッチしてくる女性がいれば、他の男性に対してはどうなのかを見てみるのも判断材料になりますので、周りを観察してみることも大切です。

この辺は多くの女性と接してみる事で、徐々に態度の違いも分かってくるようになりますので、そのためにも出会いの場に足を運んでなるべく多くの女性と接してみてくださいね。
⇒ 30代男性のための出会いの場15選!意外な穴場も?

スポンサードリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ