ランチデートのプランはこれがベスト!早い時間に解散する理由とは?

ランチデートのプランはこれがベスト!早い時間に解散する理由とは?

社会人の付き合う前のデートと言えば、夜にお酒を飲む食事デートが多くなりますよね?しかし、2回目以降のデートならランチデートも悪くはありません。

今回は僕が実際に試して女性に好評だった、オススメのランチデートのプランについて解説していこうと思います。

スポンサードリンク

ノープランなランチデートはNG

夜にお酒を飲みながら食事というデートなら、時間も長くなるので、そのお店さえ予約しておけばなんとかなります。しかし、ランチはお店に長く居座るものではありませんので、その他がノープランだとグダグダなデートになってしまいます。

なので、ランチデートは食事をするお店だけでなく、それ以外のプランも決めておくことが非常に重要なのです。

早い時間に解散する理由

ランチデートは、夕方4時くらいの早い時間で解散します。「せっかくだから夕食も」という気持ちも分かりますが、付き合う前の長時間デートはグダグダになりやすいのでオススメしません。

ランチデートは早い時間に解散することで、女性にとっても若干物足りなさを残しつつ、次の日に仕事を控えていても気軽に楽しめるデートになります。女性に話を聞くと、やはり男性はお酒付きのディナーデートに誘う事が多いので、日中に会うのも新鮮で楽しいようですよ。

スポンサードリンク

オススメのランチデートのプラン

映画と組み合わせる

以前、付き合う前の映画デートについて書いたことがありました。
⇒ 付き合う前の映画デート!失敗しない誘い方とは?

そして、僕が映画ありきで次回のデートの約束をした場合には、ランチデートにすることが多いです。なぜなら映画は見るだけで疲れてしまうので、その後に飲みに行くのがキツいからです(笑)

映画開始時間から逆算して待ち合わせ時間を決める

ランチデートの流れとしては、ランチ・映画・カフェの順番がオススメです。これ以外の順番だと、ランチとカフェでお腹が一杯になってしまいますからね。なので、映画は13時前後の時間帯が最も良いでしょう。

そして、待ち合わせは映画開始の1時間半前くらい、つまり11時半くらいが良いです。ランチデートなので休日になると思いますが、早い時間に待ち合わせをしてしまうと、女性には休日なのに平日と変わらない忙しさを感じさせてしまいます。

11時半くらいの待ち合わせであれば、女性もちょっとした家の用事を済ませて、メイクにもゆっくりと時間を使う事ができるので、あまり忙しさを感じさせずに済みますからね。

また、1時半よりも遅い待ち合わせでは、休日の混雑で並ぶことになったりすると映画に間に合わなくなる可能性もあります。しかし、それ以上の余裕をとってしまうと、逆に映画までの時間が余ってしまい、これはこれでグダグダになりますので、やはり11時半くらいがベストでしょう。

ランチデートの時間配分と流れ

ランチ後にちょっと時間が空いた場合は近くにゲーセンなどがあれば、なお良いですね。女性が興味を持った景品があれば、一緒に挑戦して盛り上がりますし、取ることができればさらに喜んでくれます。

また、映画を見ている間のドリンクやポップコーンなどは、基本的には必要ないでしょう。一応聞いた方が良いですが、「お腹いっぱいだから大丈夫」と答えるはずですからね。

そして、映画を見た後にカフェなどに行き、映画の感想などで30分~1時間位ゆっくりと会話を楽しんで、夕方4時くらいを目安に解散しましょう。

まとめ

オススメのランチデートのプランは、このようになります(映画が13時開始の場合)。

  • 11時半:待ち合わせ後にランチ
  • 13時:映画(映画開始まで時間が余ったらゲーセンなど)
  • 15時:カフェ
  • 16時:解散

ただし、口説くためには、必ずしも必要ではありませんので、無理に誘う必要もありません。次のデートに誘うタイミングがない時や、あまりお金がない時に映画の話題が挙がれば、誘ってみるのが良いでしょう。

ちなみに女性を口説くためのデート戦略はこちらで解説していますので、合わせて参考にしてみてくださいね。
⇒ 付き合う前に必要なデートの回数は?戦略的に女性を口説く方法!

スポンサードリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ