器の大きい男になるには?僕も変わった5つのコツ!

器の大きい男になるには?僕も変わった5つのコツ!

僕も以前はかなり器の小さい男でした。「じゃあ今は大きいの?」と言われると、自分で自分を器の大きい男と言うのもどうかと思いますが、以前と比べるとかなりマシになったはずです^^;
今回は、実際に僕が意識していた器の大きい男になるためのコツを5つ紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

器の大きい男になるためのコツ

他人に迷惑をかける事以外は許してあげる

「器の大きい男とは?」と聞かれると、やはり『広い心を持った男』ですよね。そして「広い心とは?」というと、他人のミスを責めたりしない『許してあげる心を持った男』です。

ただし、これは何でもかんでも許すのとは、ちょっと違うと思うんですよね。何でも許すのは一見優しいと感じますが、それでは単に『怒れない男』と見透かされます。

そこで、その基準となるのが「他人に迷惑をかけるかどうか」です。

例えば自分の後輩が仕事でミスをしてお客様に迷惑をかけてしまったら、それは怒って指摘するなどして、その上でフォローしてあげるべきです。しかし、後輩のミスによって単に自分の仕事が増えただけであれば、「俺も昔よくやらかしてたよ」とでも言って許してあげてましょう。

分かりますよね?この違い。

この辺は感情に任せてしまうと、逆になってしまうことがありますので、ぜひ意識して改善してみてくださいね。

相手を否定しない

僕も以前は相手を否定する癖がありました。しかし、自分の考えを押し通そうとして相手を論破することに満足感を感じても、ハッキリ言って全く意味がありません。

この否定癖を改善するコツは「聞き流してもいい」と考える事です(笑)もし自分が知っている事と違っていたり、間違えているんじゃないかな?と思っても「うん、うん」「そうなんだ」「なるほどね」と適当に相づちを打って、相手の話を聞き流してしまえばいいんです。

これは意識するだけで、話している相手には満足感を与えられますので、こちらへの印象はかなり良くなります。その上であなたにとって大事な人になるようであれば、いずれじっくりと話し合ってみてください。

最初の段階や関係が浅いうちに、じっくりと話を聞いて信頼関係を築けば、いずれ相手もあなたの事を分かってくれるようになるはずですよ。

スポンサードリンク

挨拶・感謝・謝罪

挨拶・感謝・謝罪、この3つはできているようで、なかなかできている方は少なかったりします。もちろん相手との立場や関係性によっても使う言葉は選ぶべきですが、立場が上でも下でもしっかりと相手に伝えることが重要です。

むしろこれは器の大きい小さいよりも、人として当然の事だと思うんですけどね。しかし、できていない方が多いからこそ、しっかりとできるようになると一目置かれるようになります。

今回紹介した中では、たぶん一番簡単なはずなので、これはぜひ実践していきましょう。

ケチケチしない

「ケチケチしないこと」も非常に重要ですが、これは「無駄遣いをする」とは違います。もちろんお金は大事ですから、節約できる部分ではなるべく節約してください。

僕の考える「ケチな人」というのは、浪費癖があるのに金払いが悪い人です。

これはまさに以前の僕自身がそうだったんですが(笑)例えばギャンブルにはお金を注ぎ込むのに、お金がないと言って誘いを断ったり。もしくは、友達や彼女と食事に行っても、なるべく安く済ませようとしてメニュー選びに時間をかけてしまったり。

そして当時の僕は悪循環になっていて、ギャンブルでお金に余裕がなくなってしまったからこそ、金払いが悪くてケチになっていたんですよね。なので、ギャンブル以外にも、趣味にお金を注ぎ込んでいたり、キャバクラにハマっている方は気を付けてください。そういう部分を見つめ直すだけで、以前の僕がそうだったように浪費癖は直す事ができるはずです。

お金に関しては、「自分に厳しく、他人に甘く」を意識してみてくださいね。

目標とする人を見つけてマネをする

そして最後にぜひやってみてほしいのが「目標とする人を見つけてマネをする事」です。

今回のテーマの『器の大きい男』というのは、実は細かく見ていくとキリがありませんし、終わりや完璧というのがない事でもあります。だからこそ、常に向上心を持って今の自分を磨いていくべきなんです。

そのために最も手っ取り早いのが「目標とする人を見つけてマネをする事」なのです。その方の一挙手一投足を見逃さずに、徹底的にパクってマネして、なるべく近づけるようにしてみてください。

なので、目標とする方はなるべく身近な人がいいですね。会社の上司や先輩、プライベートでの友達や先輩でもいいでしょう。そういう方と仲良くなって行動を共にするだけでも、あなたはきっと変われるはずですよ。

まとめ

僕が意識して変わることができた、器の大きい男になるためのコツはこの5つです。

  • 他人に迷惑をかける事以外は許してあげる
  • 相手を否定しない
  • 挨拶、感謝、謝罪
  • ケチケチしない
  • 目標とする人を見つけてマネをする事

ちなみにもし周りに尊敬できるような人がいないのであれば、30代からでも人脈は作れますので、ぜひ今から行動を起こしてみてくださいね。
⇒ 30代からの友達作り!オススメの場所8選

スポンサードリンク

関連記事(一部広告含む)

サブコンテンツ

このページの先頭へ